血中コレステロール サプリ

血中コレステロールとは?

メタボが問題視されている現代では、「コレステロール」と聞くと
悪いものだというイメージがありますよね。

 

血中コレステロール 画像しかし、私たちの体には全く必要が無いものではないため

すべてが悪いとは限りません。

 

血中コレステロールは、数値が高いと「まずいのでは」と思うかも
しれませんが血中コレステロール値とは悪玉のLDL、善玉のHDLを含めた
数値なので血中コレステロール値が高かったからといって
すぐに問題視するのは早すぎるでしょう。

 

 

総コレステロールとは?

 

血中コレステロール 画像

 

総コレステロールとはLDLコレステロールとHDLコレステロールを
含めた数値のことです。

 

ふたつを組み合わせた時の総コレステロールの値が、
150mg/dlの場合は「低すぎ」で240mg/dlを超える場合は「高すぎ」となります。
正常値は150mg/dl〜240mg/dlです。

 

健康診断などでは、総コレステロール値のほかにもLDLコレステロール値、
HDLコレステロール値なども分けて記載されているため
自分の数値を確認して健康管理の参考にすると良いでしょう。

 

また、血中コレステロールが高すぎると生活習慣病の原因になります。

 

血中コレステロールが高い場合は、緑茶を飲むとコレステロール値が
下がるといわれています。
コレステロールが気になる方向けのお茶も販売されているため、
そのようなお茶を毎日に取り入れて健康管理するのもおすすめです。

 

 

高脂血症の種類

 

高脂血症といってもいくつかの種類があります。
どの数値が高いかによって種類が分かれ、また治療法も異なるため
自分がどのタイプの高脂血症なのか理解しておく必要があります。

 

LDLコレステロール値が高い…高コレステロール血症
中性脂肪が高い…高トリグリセライド血症
LDLコレステロール値と中性脂肪が高い…複合型高脂血症
HDLコレステロール値が低い…低HDLコレステロール血症

 

 

血中コレステロールの異常による病気

 

高脂血症

高脂血症は自覚症状がなく、健康診断をしなければわからないことがほとんどです。

 

血液中の脂質が過剰になっている状態のことで、放置すると
動脈硬化などの疾患が起こります。

 

血中コレステロール 画像

 

また、閉経している女性の場合ではエストロゲン(女性ホルモン)が激減。
エストロゲンは血中コレステロールを正常に保つ働きがあるため、
激減することでLDLコレステロールが増加します。

 

閉経後は骨粗しょう症の心配をする方が多いものですが、
高脂血症の原因にもなるため骨密度以外にも定期的に
コレステロール値を検査するようにしましょう。

 

適度な運動をすることで善玉のHDLコレステロールを増やす作用を
得られるため、年齢を重ねても適度に運動をする習慣をなくさずに
健康の維持を行っていくことをおすすめします。

 

 

胆石

動脈硬化が誘因となっていることが多いと言われています。

 

肝臓から分泌される胆汁に含まれるコレステロールが結石になり、
胆管に詰まり激しい痛みをもたらします。

 

胆石の原因はいくつかありますが、コレステロールが原因に
なっていることがほとんどです。

 

血中コレステロール 画像

 

脳梗塞

動脈硬化から脳の動脈が狭まり、血栓が詰まることで脳梗塞になります。
手足に麻痺が残ったり、最悪の場合は死につながることも。

 

また、動脈の一部が破れてくも膜下出血になることもあります。
言語障害、意識障害、麻痺が残ることも。

 

 

心筋梗塞

心臓の血管がふさがれ、心臓に酸素や血液が届かなくなり一部が壊死します。
激しい胸の痛みが起こり、発作を起こすと命にかかわるため
救急車をすぐに呼びましょう。

 

 

狭心症

血管が狭まることで心臓への血液量が少なくなることで起こります。
総コレステロール値が高いと狭心症になる確率も高く、
発作を起こすと5分ほどでおさまるものの胸の痛みや圧迫感、
不快感があります。

 

 

血中コレステロールサプリ ランキング