血中コレステロールを下げる薬と副作用について

血中コレステロールを下げる薬と副作用について理解しておこう!

コレステロールを下げる方法について

 

血中コレステロールを下げる薬は、病院での処方薬になります。

 

どんな種類あるのでしょうか?
薬により、どんな副作用があるのかなどを調べてみました。

 

 

血中コレステロールを下げる薬と副作用について

 

コレステロールを下げる方法について

 

血中コレステロールを下げる薬を飲んでいる方は
結構いると思います。

 

会社などの健診で、数値を指摘され、なかなか改善されない時は、
医師から処方されて飲んでいる方もいることでしょう。

 

血中コレステロールを下げる薬と副作用について問題になる症状が
実はありますので、今血中コレステロール値が高い方、
家族などで薬を飲むか迷っている方がいるという方は、
参考にしてみると良いですよ。

 

血中コレステロールを下げる薬は、様々あるのですが、
病院で書脳される薬は、3種類ほどあります。

 

なかでも、特に血中コレステロールを下げる薬と副作用について
問題があると言われているのが、スタチン系の薬なんです。

 

この薬は、肝臓内で生成される悪玉コレステロールの数を
抑制してくれる作用があります。抑制すると言っても、
その程度が過ぎてしまって、悪玉コレステロールがなければ
細胞が出来なかったり、ホルモンバランスが乱れることもあります。

 

 

スタチン系の薬が起こしやすい副作用

 

コレステロールを下げる方法について

 

横紋筋融解症

 

骨格筋の細胞が破壊されてしまう病気。悪玉コレステロールが不足し、
細胞維持が出来なくなり、この状態になります。
放置すると最後は筋肉が衰えて呼吸も出来なくなります。

 

この薬を服用している際は、筋肉が痛むということがあったら、
病院に行くようにしましょう。

 

肝機能障害

 

肝臓が健康な時のように作用しなくなります。肝臓が作用しないと
黄疸が出来てしまったり、アルコールを摂取すると分解出来ず
気持ち悪くなりますので、ちょっとの症状でも病院に行くべきです。

 

抹消神経障害

 

全身の神経が麻痺したり、感じなくなってしまいます。
物がつかめなくなり、しっかり歩いているつもりでも転んだり、
生活するのが厳しい状態になります。手足のしびれから始まるので
しびれを感じたら病院にすぐに行きましょう。

 

 

どうして、こんなこわい副作用が起こるのでしょう?

 

血中コレステロールを下げる薬と副作用については、
処方される際に医師から説明をしっかりされるはずですが、
自分でも注意するようにしましょう。

 

悪玉コレステロールは、悪という言葉がついてはいますが、
これがなければ私たちの細胞を生成することも出来ず、
ホルモンバランスをキープすることも出来なくなるんです。

 

血中コレステロール値が低くなりすぎても、高くなりすぎても
病気になりますので、毎日の食事にも気を配り、
バランスの良い食事をして適度に体を動かして
健康でいたいものですね。

 

 

血中コレステロールサプリ ランキング