血中コレステロールを下げる薬 クレストール

副作用のリスクが高い血中コレステロールを下げる薬【クレストール】

コレステロールを下げる方法について

 

クレストールは、血中コレステロールを下げる薬のなかでも、
特に副作用が起こると言われています。

 

副作用の症状、初期に気付くことが出来る体のサインを
ご紹介します。

 

 

血中コレステロールを下げる薬クレストールの副作用について

 

コレステロールを下げる方法について

 

クレストールは、血中コレステロール値が高すぎる方に
処方される薬です。薬の役割は、肝臓内で生成される血中コレステロールの
量を抑制することです。

 

悪玉コレステロールを抑制して、善玉血中コレステロールの量を
増加します。

 

悪玉コレステロールは、必要な血中コレステロールを集める役割を
持っていますので、数が増加することで、血中コレステロール値が
正常な状態に戻ることが出来ます。

 

クレストールは、血中コレステロールを下げる薬の中で、
スタチン系と言われている薬で、効果がある
ということが
よく知られています。

 

副作用は飲んでいる方全員に起こるということではないですが、
起こる可能性は誰にでもあります。

 

横紋筋融解症

 

骨格筋に筋肉が溶けてしまったり、破壊されたりするモンド絵
筋肉痛になったり、赤褐色の尿が出るのが特徴です。
このような尿が出たりしたら、すぐに病院に行くようにしましょう。

 

肝機能障害

 

ネーミング通り肝臓が機能しなくなる状態です。
初期の症状で、体がだるい、全身がかゆくて発疹が出る。
黄疸が出て体全体が黄色くなって、白目部分も黄色くなります。

 

初期の症状の体がだるい段階で、病院に行くようにしましょう。

 

ミオパチー

 

全身の神経がしびれてきます。
力が思うように入らなかったり、痙攣したり、症状が進行すると
立ち上がることも出来なくなります。しびれを感じた時に、
病院に行きましょう。

 

じんましん

 

血中コレステロールを下げる薬のクレストールを継続することで
普段出ることがないじんましんが出たり、アレルギー症状、
喘息症状が出ることもあります。

 

血小板減少

 

血中に通常あるはずの血小板が少なくなり、ケガをした際に
血が止まりにくくなります。鼻血も出やすくなり、
歯を磨くたびに血が止まらないということもあります。

歯磨きの際に気付いたら、病院に行くようにしましょう。

 

 

上で紹介した副作用は、全員に出るとは限りません。

 

副作用の心配はあるのですが、血中コレステロールを下げる薬の
クレストールを飲むことで心筋梗塞や脳卒中を予防したり出来るので、
病気になる可能性がある方にとって良薬なんです。

 

副作用には、必ず初期症状がありますので、
薬を処方される際に血液検査をしてもらうと思いますが、
その時に心配なことがあったら相談するようにしましょう。

 

 

血中コレステロールサプリ ランキング