血中コレステロール サプリ

血中コレステロールの正常な数値とは?

血中コレステロールを正常値に保つことで、生活習慣病の

血中コレステロール 画像予防に効果的ですが、正常値とはどのくらいの数値なのでしょうか?

 

血中コレステロール値は総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロールの3つに分けることができるので、
健康診断などで検査した際は3つを見比べてみましょう。

 

 

各種コレステロールの正常値について

 

血中コレステロール 画像

 

総コレステロール

150mg/dl未満…低すぎる
150〜240mg/dl…正常範囲
240mg/dl以上…高すぎる

 

 

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)

70mg/dl未満…低すぎる
70〜140mg/dl…正常範囲
140mg/dl以上…高すぎる

 

 

HDLコレステロール(善玉コレステロール)

40mg/dl未満…低すぎる
40mg/dl以上…正常

 

中性脂肪は50〜150mg/dlが正常で、これ以上になると
高中性脂肪血症になります。

 

 

高コレステロール血症とは?

 

血中コレステロール 画像

 

血中にコレステロールが過剰に余っている状態になると、
高コレステロール血症となります。

 

年齢とともに筋肉が衰えることが原因になることもありますが、
女性の場合閉経後に女性ホルモンが減少し、コレステロールが
増えて高コレステロール血症になることも。

 

女性ホルモンはコレステロール値を正常に保つ働きがあるため、
減少することで血中コレステロールが増えるのです。

 

また、善玉コレステロールは肥満により減少するため、肥満を解消
することも重要となります。

 

肥満は中性脂肪、内臓脂肪、脂肪肝の心配もあるため
肥満にならないように適度な運動を習慣にし予防しましょう。

 

高コレステロール血症が続くと、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞など
命にかかわる病気の原因にもなります。

 

恐ろしい病を防ぐためにも、生活習慣を見直して血中コレステロールを
正常な数値に安定させましょう。

 

 

低すぎてもいけない血中コレステロール

 

血中コレステロールは下げることばかりに注目されていますが、
必要以上に数値を下げることも体に悪影響を及ぼします。

 

しかも、血中コレステロールが高いよりも低い方が
悪い影響があるのです。

 

血中コレステロール 画像コレステロールが低ければ低いほどガンの発症率、命を落とす確率が上がると全世界から報告があがっています。

 

なぜコレステロールが低いとガンになる危険性があるかは
解明されていませんが、低コレステロールだからというよりは
そのような数値になるような生活習慣がいけないのでは、と言われています。

 

日本では、男性の場合90〜170mg/dl、女性の場合91〜182mg/dl
範囲は低すぎるとされているため、コレステロールを下げることばかりに
集中しすぎないようにしましょう。

 

コレステロールの数値は、健康診断などで検査しなければなかなか
わからないものですから、健康を維持していくためには定期的に
血中コレステロールの検査をし、自分の数値を把握しておくことが大事です。

 

数値に異常があった場合は、医師の指示に従い早いうちに改善
できるように生活を見直しましょう。

 

 

血中コレステロールサプリ ランキング