血中コレステロールを下げる薬 体重減少

血中コレステロールを下げる薬の副作用で体重減少の可能性はあり?

コレステロールを下げる方法について

 

血中コレステロールを下げる薬は継続していると
どんな副作用があるのでしょう?

 

体重減少の可能性はあるのか?
どんなことに注意したら良いのかなどを調べました。

 

 

医師の指示通りに服用すれば血中コレステロールを下げる薬も平気

 

コレステロールを下げる方法について

 

副作用が不安な血中コレステロールを下げる薬ですが、
薬を服用しなくてはならないほど心臓病が不安な方、
血栓がある、糖尿病を併発していて迅速に症状改善する、
というために処方されています。

 

血中コレステロールを下げる薬は、夜中に体内で血中コレステロールが
生成されるため、夜寝る前に服用するのが普通です。

 

医師の指示通りに服用して食生活も気を付けていると
血中コレステロール値が下がり、体重減少します。

 

高血中コレステロール値と言われた方は、体重を減らすように
食事療法と運動をするように言われます。

 

病院で言われた通りにすれば、体重減少もしますが、
体重減少は副作用ではありません。

 

薬は服用する時間、一緒に飲んではいけない薬があり、
医師からも説明があるはずです。

 

きちんと用量・用法を守り、継続していれば
たいていの方には副作用は出ないんです。

 

 

副作用で体重減少することはある?

 

コレステロールを下げる方法について

 

血中コレステロールを下げる薬の副作用によって、
体重減少することはあるのでしょうか?

 

ごくまれに、薬が体質に合わず、吐き気、食欲不振が出る際は
体重減少してしまう方もいます。

 

この際、明らかに具合が悪くて起き上がれない、
というような症状がありますので、普段とは違うなと思ったら
病院に行くようにしましょう。

 

ケガをした際にも血が止まりにくくなるといった副作用も
ありますので、血が止まらないなと感じた時にも
体重減少することがあります。

 

健康ではない、なんだかだるい、いつもと調子が違うのに
体重減少した際には、医師に相談するようにしましょう。

 

 

自己判断で服用をやめない

 

コレステロールを下げる方法について

 

血中コレステロールを下げる薬は、本当に必要な方に検査の結果や
医師の判断によって、処方される大事な薬です。

 

この薬を服用することで、心筋梗塞を予防したり、
動脈硬化を改善したり、脳卒中を予防してくれます。

 

副作用が不安だからと自己判断でやめると、血栓が出来て倒れたり、
何かが起こってしまうかもしれないのでとても危険です。

 

食事療法で改善することが出来ますので、薬を服用しながら
数値が下がったら、医師と相談の上、薬の量を減らすことも可能です。

 

サプリを飲む際にも、成分が薬に悪い影響を与えることがあるので、
医師に相談してから飲み始めるようにしましょう。

 

 

血中コレステロールサプリ ランキング